田所直美(たどころなおみ) →田所直美の記事一覧

健康運動指導士
東京体育専門学校 卒
生活総合ヨガインストラクター
フリーインストラクター

介護予防を中心とした事業中心に健康・運動指導歴14年。延べ10万人に「カラダと仲良く暮らす方法」を伝えている。集団の中でも個を観ていく事、身体に聞く事(感じる事)を軸としている。トレーニング、ヨガ、操体法、レク体操などを柔軟に取り入れたレッスンは、多くの方を笑顔に導いている。

詳細プロフィール

自分のカラダとココロと仲良くなりたい人を応援します!


健康づくりや介護予防講座を中心に、
身体を「呼吸・食事・動き・心・環境」で観た、日々の暮らし方、身体の セルフケアを伝えている。


高齢者の方にお会いする事が多い為、身体で感じながらのシンプルでわかりやすいレッスンが特徴でありモットー。


カラダや動く事の面白さ、心地よさを幅広い方々に体感して頂きたく、
セルフケア講座やママの為のヨガ講座、心のメンテナンス講座、障害者施設での健康体操などの経験あり。


幼少から身体を動かすのが好きで、スポーツに励む毎日。スポーツでの怪我やトラブルも多々。社会人になり、自分の周りで不調や病気になる方をみて、病気は未然に防ぐことが出来ないのか・・・と疑問を抱く。


自分の好きな動く事が、何か社会にいかせたらと決心。体育専門学校の高齢者健康学科で、昼間は関連のある介護(デイサービス)の現場とスポーツクラブで働き実践を積み、夜に運動と身体の知識を学ぶ。

卒業後、専門学校の恩師の会社で本格的に自治体の健康づくり事業、介護予防事業を中心に運動指導を行う。

楽しく充実した毎日だったが、忙しいあまりに自分の心や体に目をむけることが少なり、寝不足に食生活は乱れ、身体に色々と不調が出てくる。


股関節が動かなくなるという原因不明の状態から、沢山の気付きが起きる。


ヨガは身体に良いらしい・・・という声を聞き、自分のメンテナンスにヨガの学びと実践を始める。

  • 今の自分は「呼吸・食事・動き・こころ・環境」で出来ている。
  • 自分の身体の声を聞く事。答えは自分の中にある。

を軸にヨガ、断食、操体法、マクロビオティックなどの実践を経ていく。身体は、正直であり、奥深い。体調回復と共に、病気や身体の見方、物事の見方や感じ方がひろがっていた。


自分の経験が、今の生活につながり、また今の指導の軸となっている。

その結果、大勢の高齢者にも喜ばれ、感謝されることが増えた。その様子が、「ヨガのポーズが丸ごとわかる本(Yogini編集部編)」で特集される。

「一人一人の健康度を上げる事が日本や社会の元氣度を上げる事であり、社会貢献の一つである」と考え、健康の輪を広げる事を実践している。「感性と判断力を磨き、夢や自分らしく過ごす応援」を健康づくりやカラダを通じて活動中。

インストラクターとしての自分の身体と心の付き合い方。自分らしい生活、生き方を模索してきた日々をコラムで掲載していきます。

正直、文章は苦手(笑)

だからこそ想いとココロを沢山こめて書かせて頂きます。でも直接お会いすると、もっと愉しいですよ(笑)