内山聡(うちやまさとし) →内山聡の記事一覧

湘南Trainers office LLC 代表
健康運動指導士
東京体育専門学校 卒
文教大学大学院人間科学部 人間科学専攻修士

介護予防事業12年、延べ3万人の高齢者に運動・健康指導をする。神奈川、東京の自治体、企業を中心に介護予防事業生活習慣病・メタボ予防などの健康セミナーを開催。神奈川県小田原市に「小田原拠り所」を開設。身体だけでなく人間全体を捉えた健康理論を軸に、痛みに悩む方、自律神経の不調など、現代医学では治りづらい方にも対応した、フィットネスクラブ事業やセミナーを展開。

湘南トレーナーズオフィスHP
http://syonan-t.com/

詳細プロフィール

神奈川、東京の自治体、企業を中心に介護予防事業生活習慣病・メタボ予防などの健康セミナーを開催。神奈川県小田原市に「小田原拠り所」を開設。身体だけでなく人間全体を捉えた健康理論を軸に、痛みに悩む方、自律神経の不調など、現代医学では治りづらい方にも対応した、フィットネスクラブ事業やセミナーを展開。

学童期の器械体操に始まり、高校、大学は硬式テニス、その後はスキー、ゴルフ、サーフィンなど、スポーツ三昧の青年期を送る。

大学卒業後スポーツ用品店「株式会社ヴィクトリア」に入社、ゴルフやスキーの販売員として接客のノウハウ、また知識として、スキーのたわみ、素材、構造による影響や、ゴルフクラブのシャフトのしなり、硬さ(振動係数)、ヘッドの形状や素材での性能の変化(慣性モーメント)など、スポーツ用品メーカーの最新理論から、物理学の基礎を身につける。

29歳でトレーナーを目指し会社をやめ、東京体育専門学校に入学、フィットネスクラブなどで働きながら、トレーナーの勉強を始める。二年時より当時日本有数のフィットネス施設、ゴールドジムサウス東京にアルバイトで入社、トップレベルのボディビルダーに囲まれ、トレーニングを学ぶともに、一流スポーツ選手や格闘家などのトレーニングのサポートをする。

卒業後、生活習慣病予防事業のパイオニア「有限会社ハイライフサポート」に入社。自治体での健康増進事業を中心に、セミナー形式での健康と運動についての経験を積む。

さまざまな参加者と接する中で、これまでの理論では矛盾や結果が出ないことが多く、これまで勉強してきた科目ごとの学問に疑問を持ち始めたころ、仕事をしながら文教大学大学院に入学。心理学をベースにした人間科学という概念に出会い、さまざまな学問で人間を捉える大切さ知ると同時に論文に必要な統計学を学ぶ。

指導ではこれまで信じていた筋力中心の理論を覆す、古武術の理論に出会い、動きと重力が大幅に欠如しているバイオメカニクスの欠点に気づくとともに、これまでの矛盾が解消される快感を味わう。

現場でのニーズによりヨガを学ぶ機会が増え、その科学的理論に触れたことで、これまでさまざまなところで学んできた「身体の感覚」「物理の知識」「運動生理学」「心理学」などの「点」がつながり、今につながる運動理論の基礎を築く。

 自分自身筋力に頼らない動きを模索し、歩き方を研究、これまでやっていたゴルフやスキーの感覚が変わるだけでなく、長距離種目にも取り組めるようになり、現在はマラソンやトライアスロンにも挑戦している。

2017年4月、独立し「湘南トレーナーズオフィス合同会社」を設立し代表に就任。

ホメオスタシス、自律神経など人間の基本原理を抑えた、独自の捕らえ方で、フィジカルからメンタルまでさまざまな健康課題に対応するセミナーや施設を運営、「常識」ではなく目の前の参加者に届く指導を展開している。